アスリートの思い

Athlete Contents

何度でも立ち上がる不屈のMMAファイター!王者決定戦の先を目指す

Athlete # 25 総合格闘技 風間光太郎 自称「取り柄がない選手」。しつこさを武器にトーナメント準決勝に挑む 「自分は取り柄もないし、強みもない」と話す総合格闘家の風間光太郎。では何故、総合格闘技(MMA)団体「Fighting NEXUS」が主催するバンタム級トーナメント戦に準決勝まで勝ち進んだのか、と問えば言葉に窮し、「自分はただしつこくて諦めないだけ」とボソッと返事が来る。格闘家の”…

続きを読む >

粘着質の寝技で敵のファイター魂をへし折る総合格闘家。トーナメントで王座を狙う

Athlete # 24 総合格闘技 ジェイク・ムラタ 組み敷かれ身動き取れない敵が「かかってこいよ!」と叫ぶ。敵をイライラさせるのが得意 リングの中央、対戦相手の背中をべったりと床に押さえつけ、寝技を決め続ける総合格闘家のジェイク・ムラタ。試合はあと残り数十秒に迫る中、相手選手がイライラしながら「かかってこいよ!」と怒声をあげるが、その身体はピクリとも動かない。それもそのはず、ムラタががっちりと…

続きを読む >

広い世界で真の王者を目指す総合格闘家

Athlete # 23 総合格闘技 渡部 修斗 運命の巡り合わせか⁈トーナメント準決勝戦は屈辱のドロー相手 総合格闘家の渡部修斗は寝技に自信を持っている。キッズレスリングクラブに通いながら中学生では柔道、高校生ではレスリングに明け暮れていたことを考えれば頷ける。寝技の得意な渡部が過去、唯一寝技を封印して闘った試合があるのだが、結果は判定で「引き分け」となってしまった。「判定に対する批判ではない」…

続きを読む >

総合格闘技がライフワーク。格闘技三昧の一生を送るために

Athlete # 22 総合格闘技 竹本啓哉 ”幸せな格闘技”のエバンジェリスト。笑みの絶えない MMA選手 名古屋の総合格闘技(MMA)道場「ALIVE」は、格闘技の世界で多くの世界チャンピオンを輩出している老舗道場である。「ALIVE」に所属しているMMA選手の竹本啓哉は、こよなく格闘技を愛している。多くの格闘家が持つ、「ストイック、野性的な闘争心、隠せない鋭い眼光」とは一見無縁の、愛嬌のあ…

続きを読む >

アスリートの経済的自立を支援するウルトラマラソンランナー

Athlete # 21 ウルトラマラソン 吉沢 協平 まる一日走り続ける24時間レースで日本代表を狙う フルマラソン42.195km以上の長距離レースを「ウルトラマラソン」と総称しているが、知名度が高いのは100kmレースだろうか。ウルトラマラソンにはさまざまは大会があり、100kmレースのようにタイムを競うものと、一定時間以内で走行距離を競うものがある。 ウルトラマラソンランナーの吉沢協平は、…

続きを読む >

逆境を乗り越え続けるプロボクサー。挑み続ける姿をとおして「本当の強さ」を伝えたい

Athlete # 20 プロボクサー 荒谷 龍人 初心にかえって掴んだ勝利。スランプを克服し自分のボクシングを取り戻す 2018年9月14日後楽園。3度の負け越し後の試合に挑む、フェザー級の荒谷龍人。2017年2月に東洋太平洋タイトルマッチで王者に敗北してから、自分のボクシングを見失っていた荒谷にとって、この試合は自分を取り戻す意味も込められていた。 「初心にかえる」、その想いで挑んだリングでは…

続きを読む >

1 2 3 4 6