アスリートの思い

Athlete Contents

目指すはNBA。世界中の子どもたちに夢を与えられる選手に

Athlete # 04 プロバスケットボール選手 伊藤 邦茂 マイケル・ジョーダンを追い求めて 中学1年生のときに、なんとなく入部したバスケットボール部。母親に勧められて初めて画面越しに観たマイケル・ジョーダンのプレー。情熱を傾けるものを探していた少年の心に、一瞬にして火がついた。 「僕も、この選手みたいになりたい!NBA(アメリカのプロバスケットボールリーグの最高峰)の選手になる!」 こうして…

続きを読む >

ワールドカップ優勝を目指して。日本タッチラグビー界のエース、最後の世界挑戦

Athlete # 03 タッチラグビー日本代表 奈良 秀明 「日本代表になれる」。その言葉に可能性をかけた 飾らない気さくな笑顔がトレードマークの日本タッチラグビー界のエース。それが奈良秀明。世界トップランクの選手として、そして、タッチラグビー日本代表キャプテンとして、今まで日本のタッチラグビー界を牽引してきた。そのタッチラグビーは、日本体育大学入学後に偶然始まる。タッチラグビーサークルのポスタ…

続きを読む >

不遇を乗り越え、究極の夢である「世界一」へ挑み続ける

Athlete # 02 アルペンレーサー 石井 智也(ゴールドウイン・スキークラブ) 「1レース1レースを悔いのないように、これが最後だと思って戦っている」 2月に韓国平昌(ピョンチャン)で行なわれた冬季五輪ジャイアント・スラローム(大回転)競技に日本代表として出場した石井智也は、北海道歌志内市に生まれ育った。かつて石炭の採掘で栄えた歌志内は、第二次大戦の直後には46,000人もの人が暮らす全国…

続きを読む >

2020年、そして未来の日本のサーフィン界へ続く道

Athlete # 01 プロサーファー 田中 樹 「現役だからこそできることがある。世界で戦える日本人サーファーを増やしていきたい」 千葉県・いすみ市在住の田中樹プロとサーフィンの出会いは、彼が小学5年生のころにさかのぼる。それまでは野球やサッカーに熱中し、海では海水浴をする程度だったが、たまたま始めたサーフィンが楽しくなり、サーフィンの大会に出場。さらに上位入賞や優勝をキッカケに、ますますハマ…

続きを読む >

1 4 5 6