アスリートの思い

Athlete Contents

個人戦×チーム戦が魅力のカバディ。裾野を広げ上を目指す社会人チーム

Athlete # 19 カバディ 東京レイズ 出身校、経験を問わない「東京レイズ」。日本代表を輩出し続ける常連チームに成長したい 「鬼ごっことドッジボールを足したような競技」「ボールのないラグビー」とも言われるインド発祥のスポーツ、カバディ。最近は漫画『灼熱カバディ(著者:武蔵野創氏)』が火付け役となり、カバディファンが増えてきているようだ。 東京の社会人カバディチーム「東京レイズ」は、下は高校…

続きを読む >

目指すは2026年日本開催「アジア競技大会」優勝。活躍を心に誓うカバディ選手

Athlete # 18 カバディ 菊地拓也 3年越しの”ラブコール”を断り続けた異色の日本代表 「カバディ、カバディ」とつぶやきながら、攻撃側がひとりで敵陣に切り込んでいくスポーツ、カバディ。センターラインで二分された比較的狭いコートの中で繰り広げられるスリリングな「鬼ごっこ」のような競技だ。 カバディ日本代表の菊地拓也は、日本カバディ協会のある理事から、「カバディをやらないか。君なら日本代表に…

続きを読む >

「挑戦する楽しさ」と「自己成長」を伝えるプロバスケットボールプレイヤー

Athlete # 17 プロバスケットボールプレイヤー 三浦佑太 7年越しでプロテストに合格。遅咲きのプレイヤー プロバスケットボールプレイヤーの三浦佑太は、努力型の選手だ。 プロチームに入団するべくトライアウトに挑戦するも6回落ち、7回目でやっと合格したという遅咲きのプレイヤーである。 「もともと努力や挑戦することが楽しいと思うタイプ」と笑いながら言うものの、7回も挑戦し続ける精神力は並々なら…

続きを読む >

「3×3」で次の五輪へ!大好きなバスケを通して誰もがスポーツを楽しめる環境を創りたい

Athlete # 16 3×3プレーヤー 根岸 夢 3人制バスケットボール「3×3」に転向し、2020年の五輪出場を狙う バスケットボール一家に生まれ、幼い頃から自然と“バスケ大好き少女”になった根岸夢。高校時代にはU-16アジア選手権2位、U-17世界選手権5位となり、早稲田大学に進学後は全日本インカレで優勝し、優秀選手賞を受賞。2015年度ユニバーシアード日本代表にも選出された。そんな根岸だ…

続きを読む >

日本BMX界の「KING」が世界に再挑戦。オリジナルトリックで復活を期す

Athlete # 15 プロBMXライダー 森崎 弘也 日本にBMX文化を築き上げたパイオニア BMXフラットランドワールドサーキットで初代世界王者になるなど、国際大会において何度も優勝。世界中のビデオに収録されるほど芸術的なオリジナルスタイルを持つプロBMXライダーの森崎弘也は、日本にBMX文化を築き上げた立役者のひとりでもあり、パイオニアだ。 自転車競技のひとつであるBMX・フラットランドは…

続きを読む >

夢は「世界に羽ばたくトップランカー」。ハングリーに生きるボクシング界のルーキー

Athlete # 14 プロボクサー 富施 郁哉 プロライセンス取得の約1年後、全日本新人王に 2017年にバンタム級の全日本新人王を獲得した富施郁哉は、目指すべきゴールから逆算して考え行動するタイプの選手だ。当時19歳だった富施は、「チャンピオンへの登竜門」とも異名がつく全日本新人王戦のタイトルを切望した。なぜなら、ランキング入りすることが目的だったからだ。 「全日本新人王獲得は、最短でランク…

続きを読む >

1 2 3 4 5 6